おすぎです。

僕は今、メキシコシティからバスで3時間半、グアナファトという世界遺産の街でこの記事を書いています。

サンフランシスコ。ずいぶん昔のことのように感じるけど、たった2週間ほど前のことか…。




















サンフランシスコもまた、僕がこの旅で訪れた中で間違いなく印象に残る思い出の地になりました。




















それはゴールデンゲートブリッジの勇姿によるものではなく




















ロンバートストリートや




















フィッシャーマンズワーフ




















フルハウスの家といった観光名所によるものでもなく





















ヒロさんというサンフランシスコ在住の素敵な日本人の方と一緒に過ごせた3泊4日だったからです。

ヒロさんは僕の知人の甥にあたる人で、今回に世界一周の旅でお会いしてみたかった人の1人でした。

サンフランシスコでの四日間は終始お天気に恵まれ、ヒロさんの運転&観光案内のもと、これでもかっていうくらい、サンフランシスコの魅力を味わいつくすことができました。




















坂の上からサンフランシスコ・ベイを望む。映画にもなった監獄の島「アルカトラズ」が小さく写っています。

20年以上前、右も左も分からないまま単身アメリカにやってきて、慣れない土地で必死に生きてきたヒロさん。
そして今、サンフランシスコの郊外に一軒家を持ち、配偶者とたくさんのチワワに囲まれて暮らす幸福を得たヒロさん。

そこに至るまでの艱難刻苦を思うと、いくら想像力の乏しい僕という人間でも、それがささやかな偉業であることくらいは理解できますし、
グローバルとは程遠いところにいる、すぐに自分の殻に閉じこもって慣れた環境でぬくぬくと怠惰な生活をしてしまう僕にとって、きっと刺激的なお話を伺うことができるだろうっていう期待に胸を膨らませて訪れたサンフランシスコ。

ヒロさんの運転する車でそんな貴重なお話を数多く伺いながらみたサンフランシスコの風景は、本当に最高でした。




















↑ここのオイスターバーで、ヒロさんから「生牡蠣にはビールじゃなくてシャンパンだよ。しかもロゼ」というご託宣を頂戴して試してみたところ、感動して言葉を失う美味さでした。
さあみなさんもご一緒に。「生牡蠣には、ビールじゃなくてシャンパンだよ」(字余り)

それからセレブの街、ノブ・ヒルの高級ホテルのバーで飲んだマティーニとバーからの夜景とか
























































ナパ・バレーのワイナリー巡りとか、





























































サンフランシスコ到着後すぐに連れていってもらった、サンフランシスコの、中産階級(であろうと思われる方々の)バースデーパーティーとか。





















どれもキラキラしてて、素敵な思い出ですが、やっぱり印象に残っているのは、ヒロさんの四半世紀に及ぶアメリカでの奮闘記。

大変にパーソナルなお話でありますのでここでそのことについて詳しく書くことはできませんけど、

自分史の中に、9・11同時多発テロが出てくる人に僕はあったことがなかったので、本当に刺激的でした。
(ヒロさんはあのテロのことを「ナイン・イレブン」といっていて、僕はしばらく何の話をしているのかわからなかった💦)

自分の凡庸さ加減が恥ずかしかったですが、そんな僕に4日間もお付き合いしてくれたヒロさん、ほんとうにありがとうございました。

「また絶対きてね」

何度もそういって空港まで見送ってくれたヒロさん。

絶対きます!

そしてこのご縁を作ってくれたクリタさん(仮)、本当にありがとうございました😊

そしてまた僕は、1人の世界に戻るべくこの穏やかな街を後にしたのでした。

【お知らせ】
セブ島に語学留学に行ってから早半年。その時思ったこと、自分の思い、そして「1人で生きること、1人で旅すること」について駄文を重ねて来ました。
しかしながら、この「ひとり」に言及するにあたって、どうしても避けて通ることのできない出来事がこの旅中にありました。
自分にとってはずいぶん象徴的な出来事で、かつとてもショックなことでもあったため、折に触れて言及して来ましたが、僕の未熟さゆえ、そして文才の無さゆえに、その出来事に触れることで、一部の方に不愉快な思いをさせていたようでした。
ともすればその方のご親族やご友人も、このブログを読まれて気分を害されていたかもしれない可能性について指摘され、今更ながら大変申し訳なく思っています。

自分が何かを表現することで、傷ついたり、不快になったりする人がいる…。

そもそも半分は自己満足で始めたブログ。それが他人に不快を与えていると知らされ、とても恥ずかしく、情けなく思っています。

このブログを続ける意味について考えてみましたが、積極的な理由を見つけることができそうにもありません。

つきましては、唐突ではありますが、この投稿をもって、このブログは終了させていただきたく思います。

誰が読んでくれてるんだろう?そう疑問に思いながら続けてこれたのは、今これを読んでくださっているみなさんのおかげと、自分という過渡的な人間に対する、自分自身の好奇心でした。

短い間でしたが、どうもありがとうございました。
そして不愉快な思いをされた皆様、この場を借りて深くお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。

(終)

✳︎過去投稿は、インターネット環境が整い次第、一部を残して早急に削除します。勝手とは思いますが、今しばらくお待ちください。
 

おすぎです。

アメリカ横断を終えてメキシコに来て1週間、ようやく落ち着きを取り戻して来て以前の旅のスタイルに戻りつつあります。

ひとり旅。何もかも全て一人で引き受けないといけない南米の過酷な旅。かといって、喜びを1人で独占できるという訳でもないーつまりかち合う人がいないだけのー孤独な旅。
約束していた友達と合流できないまますぎた3ヶ月。その分たくさんの素晴らしい出会いに彩られていたし、そもそも今さらとやかく言ったところで詮無いことではありますけど、あの後僕を襲った数々のトラブルを経て、あの時の出来事は徐々にトラウマ化して心に残ってきています。

もう忘れたいなぁ、あん時のこと。

こんな時は楽しいことを考えて過ごすに限る。
そんな訳で一人になったことですし、アメリカ横断の終着点、ロサンゼルスのことを思い出しながら書いてみたいと思います。

ルート66の終着点、サンタモニカビーチ。
ここを訪れた後「サルベーションマウンテン」というアウトサイダーアートを見学して、僕たち6人の横断は終わりました。
翌日、日本に帰る二人をロサンゼルスの空港で見送った後、残り4人でハリウッドへ。

ここを少し観光した後、シカゴに飛ぶというけんさんとお別れをして、僕を含めた3人で、ハリウッドで簡単なお別れ会をすることにしました。
さりなちゃんとみさきちゃん。下手したら親子ほども年の違う2人。
でも横断中ずっと「おすぎー」と僕を呼んで慕ってくれた2人。
なんだか楽しかったなぁ。
2人は翌日ディズニーワールドへ。僕は知人を頼ってサンフランシスコに行くことになっていたので、早めに切り上げてお別れ。

別れ際はなんだか寂しくて、ちょっとうるっとしてしまいました。

実はメキシコ行きのチケットをロスからの便で取っていたため、サンフランシスコを満喫した後再度ロスに戻ってきて、メジャーな観光地を回ってきました。
久々の一人ぼっち。楽しかったアメリカの最終日の夜は、ドジャースタジアムでメジャーリーグをみながら、キンキンに冷えた生ビールを飲んでました。
スタジアムで飲むビール、うまかったなー。
でも所詮1人で飲むビール。セブの語学留学で仲間と飲んだ、ぬるーいサンミゲルの方が何倍もうまかったなぁ。
あれも今は昔の話になってしまったな。

あの時が一番楽しかったなー。

あかんあかん、なんかまた暗くなってしまった💧

とりあえずもうちょいしたら一旦日本に帰れる。それまで頑張ってエンジョイしよー。

おすぎです。


アメリカに入国するのに必要なのはESTAだけやと思ってました。まさか出国のチケットが必要とは…。


クスコの空港のチェックインカウンターで指摘されて、急いでLAから一番安いメキシコのチケットを取ってホッとしたのもつかの間、「ただしメキシコ・カナダおよびカリブ海諸国は除く」と。


んー。


この日、クスコは雷を伴って雨が強く降る空模様で、全体的に飛行機の離発着が遅れてはいたものの、飛行機の離陸の時間が迫ってくる…。


スカイスキャナーでメキシコ行きの便のチケットを購入してホッとしたところに「メキシコはダメ」のこの不意打ち。


ここで完全に冷静さを失ってしまい、慌ててコロンビア行きのチケットを取っていたら何となんと、飛行機はすでに離陸してしまってました。


空港職員に事情を説明してゲートから出させてもらい、ベルビアン航空のカウンターへ。

別の飛行機に振り替えてくれるとは言うものの、目的地への到着は明後日。これでは待ち合わせに間に合いません。


仕方ない、正規の金額を払って別の航空会社(LATAM航空)の最終便でリマへ。ベルビアン航空830便と一緒に238ドルが飛んで行きました…💵


LATAMのチケットカウンターに並んでいるときに、しきりに声をかけてくる酒臭いにいちゃんがいて、リマ行きの航空券120ドル、と。


実際欠航が相次いだこの日、このにいちゃんから航空券を購入している現地人も結構いましたが、僕はやはりこの人にパスポートを見せたりすることにどうしても抵抗があって、結局倍近いお金を払ってリマ行きの最終便に。


リマに到着し、先に乗って運ばれているであろうバックパックをピックアップして、サンサルバドル行きの便のチェックインをしようと先の航空会社を訪れます。


ベルビアン航空のオフィスにたどり着き、荷物の在り処を尋ねたところ、「持ち主が塔乗しなかった場合、荷物は元の空港で降ろされます」と。


そうなん…。

知らんかった…。


てっきり荷物だけ飛んでるもんやと思ってた。


ベルビアン航空のアミーゴいわく、セキュリティ上の関係で、持ち主不在の荷物は空輸しない、と。


荷物を追いかけて急いでリマまで来たつもりが、僕のバックパックはまだクスコだったんですね。


うーん。


そんな訳で、明後日に届くはずの僕のバックパックをどうするか、ベルビアン航空のアミーゴ2人と色々交渉してました。


結果、宿泊先に送ってもらえることに。送料は無料。


この時ほどほど「セブに語学留学しといてよかった」と思ったことはありません。


ありがとうございます✨


ただ、一番大切なのは、こう言う事態に陥らないように事前に下調べをきちんとして、余裕を持って行動すること…


って何回自分に言い聞かせたら、俺できるようになるんやろう。

ホント40超えてからの自分はいろいろどんくさくなってて本当に嫌になります。


実は先日ボリビアのイミグレで出国カードを紛失していることに気づき、危うくペルーにこれなさそうになったところ。


今日も国際線の塔乗で大きなミスをしてしまった。

国際線でなんらかのミスを犯す確率は実に6割以上に達します。(8分の5)


特にここ数日は、バッパーの鍵を紛失したりなど、集中を欠いた、ちょっとひどい状態が続いてます。


英語の大切さを痛感したのと同時に、「おれ世界一周向いてないな」と今日ほど思った日もありませんでした。


シカゴのイミグレでは、結局帰りの航空券の話なんかはつゆほども出せんでした。


ただひたすら、三週間程度のアメリカ滞在で何をするのか?を聞かれました。

慌てて航空券を取る必要はなかった、という訳です。


実は以前、アルゼンチン入国の際にも出国チケットが必要、っていう情報をゲットして、慌てて用意したものの(あの時はチリ行きのチケットを買った)結局なんのお咎めもないどころか、税関申告書すら必要なくて拍子抜けしたことがありましたが、今回もほぼ同じパターンとなりました。


また、先日クスコ行きの航空券を購入する際に「姓と名を入力し間違えて無効な航空券を購入する」という失敗もやらかしていて、この1ヶ月で実に10万円近い無駄な出費をしています。


それはさておき2017年4月6日、飛行機は無事シカゴのオヘア国際空港に到着。念願の人生初USA上陸を果たします。


が、その感慨に浸る間も無くペルビアン航空の職員と昨日の荷物の送付先に関する続きの交渉。

結果「配送はシカゴ市内に限ること、それが無理なら自分で取りに来ること」となりました。


何はともあれ、とりあえずこちらまで荷物を運んでもらえることになって良かったです。


1人で旅していると、こういう失敗や悔しい経験も全部1人で引き受けて悔しい思いをしたり、怒ったりしないといけないから苦しいです。


やっぱりどこか、旅は人生に似ているなって思います。


まぁ人生における様々な出来事や営みそのものが、人生に似ているのかも知れないけれど。


旅に出るまでは、1人で生きていくことにある程度の覚悟と、涼しい諦念のようなものを感じていましたが…



一緒に同じ道を歩いていけるバディがいる人が本当に羨ましい。


シカゴの空に沈んでいく太陽を見ながら1人途方に暮れていたのでした。 


↑このページのトップヘ