おすぎです。

僕は今、メキシコシティからバスで3時間半、グアナファトという世界遺産の街でこの記事を書いています。

サンフランシスコ。ずいぶん昔のことのように感じるけど、たった2週間ほど前のことか…。




















サンフランシスコもまた、僕がこの旅で訪れた中で間違いなく印象に残る思い出の地になりました。




















それはゴールデンゲートブリッジの勇姿によるものではなく




















ロンバートストリートや




















フィッシャーマンズワーフ




















フルハウスの家といった観光名所によるものでもなく





















ヒロさんというサンフランシスコ在住の素敵な日本人の方と一緒に過ごせた3泊4日だったからです。

ヒロさんは僕の知人の甥にあたる人で、今回に世界一周の旅でお会いしてみたかった人の1人でした。

サンフランシスコでの四日間は終始お天気に恵まれ、ヒロさんの運転&観光案内のもと、これでもかっていうくらい、サンフランシスコの魅力を味わいつくすことができました。




















坂の上からサンフランシスコ・ベイを望む。映画にもなった監獄の島「アルカトラズ」が小さく写っています。

20年以上前、右も左も分からないまま単身アメリカにやってきて、慣れない土地で必死に生きてきたヒロさん。
そして今、サンフランシスコの郊外に一軒家を持ち、配偶者とたくさんのチワワに囲まれて暮らす幸福を得たヒロさん。

そこに至るまでの艱難刻苦を思うと、いくら想像力の乏しい僕という人間でも、それがささやかな偉業であることくらいは理解できますし、
グローバルとは程遠いところにいる、すぐに自分の殻に閉じこもって慣れた環境でぬくぬくと怠惰な生活をしてしまう僕にとって、きっと刺激的なお話を伺うことができるだろうっていう期待に胸を膨らませて訪れたサンフランシスコ。

ヒロさんの運転する車でそんな貴重なお話を数多く伺いながらみたサンフランシスコの風景は、本当に最高でした。




















↑ここのオイスターバーで、ヒロさんから「生牡蠣にはビールじゃなくてシャンパンだよ。しかもロゼ」というご託宣を頂戴して試してみたところ、感動して言葉を失う美味さでした。
さあみなさんもご一緒に。「生牡蠣には、ビールじゃなくてシャンパンだよ」(字余り)

それからセレブの街、ノブ・ヒルの高級ホテルのバーで飲んだマティーニとバーからの夜景とか
























































ナパ・バレーのワイナリー巡りとか、





























































サンフランシスコ到着後すぐに連れていってもらった、サンフランシスコの、中産階級(であろうと思われる方々の)バースデーパーティーとか。





















どれもキラキラしてて、素敵な思い出ですが、やっぱり印象に残っているのは、ヒロさんの四半世紀に及ぶアメリカでの奮闘記。

大変にパーソナルなお話でありますのでここでそのことについて詳しく書くことはできませんけど、

自分史の中に、9・11同時多発テロが出てくる人に僕はあったことがなかったので、本当に刺激的でした。
(ヒロさんはあのテロのことを「ナイン・イレブン」といっていて、僕はしばらく何の話をしているのかわからなかった💦)

自分の凡庸さ加減が恥ずかしかったですが、そんな僕に4日間もお付き合いしてくれたヒロさん、ほんとうにありがとうございました。

「また絶対きてね」

何度もそういって空港まで見送ってくれたヒロさん。

絶対きます!

そしてこのご縁を作ってくれたクリタさん(仮)、本当にありがとうございました😊

そしてまた僕は、1人の世界に戻るべくこの穏やかな街を後にしたのでした。

【お知らせ】
セブ島に語学留学に行ってから早半年。その時思ったこと、自分の思い、そして「1人で生きること、1人で旅すること」について駄文を重ねて来ました。
しかしながら、この「ひとり」に言及するにあたって、どうしても避けて通ることのできない出来事がこの旅中にありました。
自分にとってはずいぶん象徴的な出来事で、かつとてもショックなことでもあったため、折に触れて言及して来ましたが、僕の未熟さゆえ、そして文才の無さゆえに、その出来事に触れることで、一部の方に不愉快な思いをさせていたようでした。
ともすればその方のご親族やご友人も、このブログを読まれて気分を害されていたかもしれない可能性について指摘され、今更ながら大変申し訳なく思っています。

自分が何かを表現することで、傷ついたり、不快になったりする人がいる…。

そもそも半分は自己満足で始めたブログ。それが他人に不快を与えていると知らされ、とても恥ずかしく、情けなく思っています。

このブログを続ける意味について考えてみましたが、積極的な理由を見つけることができそうにもありません。

つきましては、唐突ではありますが、この投稿をもって、このブログは終了させていただきたく思います。

誰が読んでくれてるんだろう?そう疑問に思いながら続けてこれたのは、今これを読んでくださっているみなさんのおかげと、自分という過渡的な人間に対する、自分自身の好奇心でした。

短い間でしたが、どうもありがとうございました。
そして不愉快な思いをされた皆様、この場を借りて深くお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。

(終)

✳︎過去投稿は、インターネット環境が整い次第、一部を残して早急に削除します。勝手とは思いますが、今しばらくお待ちください。